皆が混乱するフレッツ光と光コラボについて

結論から言えば、フレッツ光の回線と光コラボの回線は、設備的には同じものを利用しています。

光コラボは事業者がNTTから光ファイバーなどの設備をレンタルして、自社のサービスなどとセットにして提供するものだからです。

しかし利用しているプロバイダーによっては光コラボで選択できない場合もあるため注意しなくてはなりません。

対応している光コラボはプロバイダーごとによって異なりますので、利用する会社次第ではプロバイダーの変更も必要です。

フレッツ光の自由化は通信業界にも大きな変革をもたらしました。

NTTはこれまで自社で契約者を増やす営業を行っていましたが、設備の提供とメンテナンスを行っていれば契約者は光コラボの事業者が行ってくれるため、新しいビジネスモデルを構築したと言えるでしょう。

中でもソフトバンク光やauひかりのように携帯電話回線を提供している事業者が行っている光コラボは利用者数も多く、セットで割引できる金額も大きくなるため、携帯各社も巻き込んだ競争が起きています。

他には電力会社やガス会社のようなインフラ系の会社が提供している光コラボも人気があります。

フレッツ光と同じ回線を利用していても回線速度に変化が出てくることがあることは理解しておかなくてはなりません。

例えば集合住宅の場合、光ファイバーを利用する世帯が増えることによって、建物全体での通信量が増加し、1世帯あたりで通信できる帯域が制限されてしまうことがあります。

利用しているプロバイダーによっても同じような現象がおき、光回線の利用者数が増えればプロバイダー側で混雑してしまい、通信速度が落ちることがあるのです。

光コラボによって光回線を利用する値段は下がりましたが、同じ設備を複数のユーザーで共用する場合はデメリットがある点も理解しておく必要があるでしょう。

かつてインターネットの接続にはNTTの電話回線の契約が必須でしたが、現在は固定電話の契約をすることなくインターネットを楽しむことができるようになっています。

自由化によって様々な選択肢が生まれたことで、通信業界以外の会社が提供している光コラボもたくさんあります。

光コラボを提供している事業者はリスト化されていますので、自分の生活と関わりがある会社があった場合は、セットにできないか検討してみるのも良いでしょう。

選択肢が増えたことで上手に利用する手段も増え、選び方次第ではお得になることもそうでないこともあり、利用者も賢く利用できる知識を身に付けなくてはなりません。