光回線を使うためにあたって、プロバイダは必須

インターネットに接続して様々な情報を得るためには、光回線とは別にプロバイダの契約も必要になります。

インターネット回線とユーザーをつなぐプロバイダのような接続業者がいないと、インターネットに接続はできません。

契約時に発行される、IDとパスワードを専用の機械に入力し、はじめて接続できます。

光回線を利用するにあたって、必ず光回線とは別に契約が必要となるのです。

ところで、プロバイダは国内に複数あるのは知っていましたか。

プロバイダ事業には大手企業をはじめ、電力会社や携帯電話会社が参入をしていて、それぞれサービス内容に違いがあります。

月々の利用料金で差があったり、キャンペーンに差があったり、それからサポート体制にも差があります。

いろいろあるサービス提供者のどこと契約をすれば良いのかというと、それは店舗スタッフが勧めるところが一番です。

なぜなら契約数の多い、店舗スタッフが勧めるところであれば、必然的にユーザーの多いプロバイダになるからです。

インターネット回線の品質だけでなく、おすすめできるオプションサービスがたくさんあるので検討してみては如何でしょうか。

なお、インターネット回線に接続するためには、先程も言いましたが、光回線の工事完了後に設定が必要となります。

工事担当者が設置をしていった機械に端末を通じてログインをし、そこにIDとパスワードを入力していきます。

少々難しい仕組みのように感じられますが、パソコン初心者でも困ることのない簡単な作業です。

最近は設定用のCDが予め配布されるため、それをパソコンに挿入することで自動で設定が行われることもあります。

このようなサービスがあるプロバイダーであれば、初心者も安心して回線に接続できるでしょう。

また、各プロバイダーが展開しているキャンペーンや初期導入サービス等を使えば提携している専門業者による無料の設定サービスを受けることも可能です。

プロの人が自宅を訪れ、30分程度でインターネット回線の設定を行い、問題なくインターネットに接続できることでしょう。

このようにプロバイダと光回線の関係はインターネットに接続するために覚えておく必要があります。

事前にその仕組みを理解しておけば契約時に店舗スタッフから提案があってもすぐに対応できること間違いありません。

最後にプロバイダから発行されるIDとパスワードは書面にて自宅に届きます。

これを紛失してしまうと、設定が困難となりますので大事に保管しておきましょう。