光回線は工事が必要?

光回線を導入する場合は基本的に工事を必要とします。

工事を必要とする最初の場面は光回線そのものを新規で契約する場合です。

というのは光回線そのものが建物内に来てないので、建物内に引き込まなければならないからです。

その光回線を建物内に引き込む工事は通信回線の事業者の出番となりますので、契約を交わす際に何月の何日の何時くらいに来るかをしっかり確認して自宅で待機しておかないとなりません。

というのはもし自宅不在だと建物内へ回線を引き込むことができなくなるからです。

光回線の契約では戸建て用とマンション用の2種類が存在しています。

マンション用は集合住宅用のプランですが、契約人数次第で月額費用が変化するのが特徴の1つです。

契約人数は多いほど料金が低減する傾向となっています。

マンションプランでは共有スペースまで引き込みをして、さらにそれぞれの戸数に配線を分岐して行うことになります。

そのため契約数が多くなり、同時使用をしていると速度の低下傾向は避けられません。

なお賃貸住宅では事前に貸主の同意などを得る必要があり、同意を得らえない場合は契約することができません。

一方の戸建てタイプの場合は戸建て住宅を対象にしたプランです。

この戸建てタイプはマンションタイプよりも速度的には早い傾向となっています。

なおこのタイプでも工事を行うには、事業者の来る時間帯に自宅待機しておかないとなりません。

工事担当者は2人でやってきますが、1人は建物内に入ってもらい、もう1人が作業者から光回線を送り込んでいきます。

建物内にいる1人に送り込まれている光回線が建物内の配管を通じてやってきてることを確認してもらわなければなりません。

光回線が建物内へ無事通じたら今度は接続のための工事をしなければなりません。

その接続のための工事では担当者がONUという装置を電話機のそばに置いていきます。

ONUという装置は光回線を稼働させるための中継装置でレンタルで貸しだされますが、そのONU装置と電話機の間をつなぎます。

両者をつないで専用の端末で電話が使えることを確認したら、ここまでが基本的に事業者の担当範囲として終了です。

残りの工事はONUの中継装置と無線LANとパソコンの接続作業です。

この接続作業は基本的に契約者の出番であり、事業者側の範囲ではありません。

というのはパソコンも無線LAN装置も事業者の所有物ではないからです。

ただしオプションの契約を交わすと契約者に成り代わって事業者の工事担当者が接続設定を行うこともあります。